sp/20140730JOHO

大阪情報専門学校 特別講義 
2014年7月30日 13:30-15:00

不足の観点からみる医療2.0β

概要・補足
参考図書
新時代の現代社会学6講
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784571410543

医療資源

人やモノがないと成立しない → どの専門分野もそうだが
医療資源について

資源クイズのデータ出典元

不足

不足の話は主観が入り込むのでややこしい
不足
この部分の具体例は分かりやすかったかと思いますが、ここでは割愛
不足の解消
未来予測が必要になります
不足は怖い2
答えがあるのではなく答えをひねり出す的な発想が求められる。
紹介した例題はこちら

講演後記

  • 息を吸うとデータが入ってくる時代
  • データはgetする時代からpushされてくる時代を経て空気のように
  • 情報が入ってくる経路の複雑化
    ヤン坊マー坊天気予報の終焉
    http://www.yanmar.co.jp/special/YM/history/history.html
    インターネットを使えば誰でもいつでも雨雲レーダーを見れる
  • データを保有していれば凄かった時代から使って何をするのかの時代へ
    お宝を持ってるだけでは宝の持ち腐れ。しかもデータは鮮度が命の部分もある

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional