大阪医専 医学概論2018
(臨床学部臨床工学学科)


授業メニュー
第1回 医学および関連する分野

第2回 人間の生命

第3回 健康と病気

第4回 現代医学

第5回 保健医療提供体制

第6回 病気の原因

第7回 病気による身体の変化

第8回 病気の診断

第9回 医療で発生する情報

第10回 病気の治療とリハビリテーション

第11回 病気の予防

第12回 医学の歴史

第13回 未来の医学



第1回医学および関連する分野

医学・保健医療について(教科書第1章AB,第10章A)

教科書

≪系統看護学講座 別巻≫医学概論
http://www.igaku-shoin.co.jp/bookDetail.do?book=5362

医学とは

・・・学

体系化された知の集合体

医とは

http://kanji.jitenon.jp/kanji/245.html
http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%8C%BB
病気を治す。治す人のこと。
「病気」に対してアプローチする学問

自然科学(基礎医学・臨床医学・予防医学・環境医学・産業医学)
社会科学(医療システム・病院管理学・福祉医療・医療経済学)
生命倫理
医学教育

医道

医術は技術であり仁術

サイエンスとアート

それぞれの特徴は表1参照
アートとサイエンスのバランス

医療

医学的実践
→(20世紀後半)+「予防的な検診」「健康教育」→生活上の配慮
医師によるもの→看護師の役割→多職種によるチーム医療
「医療」と「保健」の世界の融合
setonet20160521-39.png(250943 byte)
setonet20160521-53.png(163855 byte)
地域と医療の統合に資する 情報活用の考え方 −不足の観点からみる医療2.10− より)

「健康になるための医療」「健康でいるための保健」という考え方ではなく「生活するための保健医療」
単純に 健康=病気ではない ではない
→社会的に満たされた状態

健康の定義について(公益社団法人日本WHO協会)
http://www.japan-who.or.jp/commodity/kenko.html
都市再生 健康・医療・福祉のまちづくりの推進(国土交通省)
http://www.mlit.go.jp/toshi/toshi_machi_tk_000055.html

本日のお題

医学と医療の違いについて思うところをのべよ

授業後補足

お題に対する皆さんのご意見まとめ

医学とは
1-1)学問
1-2)病気の人々を治療するための1番土台となるもの
1-3)医学は治療方や医療とはどんなものか、医療のことについて学ぶこと
医療とは
1-4)治療行為
1-5)直接患者さんに関わること
1-6)どんな方法であれ病を直そうとすることだと考える。それが、無意味な事であっても。
1-7)現場でしか学ぶことができないのが医療
1-8)20世紀後半からは「予防的な検診」と「健康教育」の意味も加えられた
1-9)医学をしっかり頭に入れた上で初めて医療ができる
1-10)基礎的、基本的な土台である医学があってこその人々を守ることのできる医療なのではないかと感じた
1-11)医療は学問でない.医療は限りなく科学に近づいている
1-12)医学は誰でも自由に学ぶことが出来るが、医療の場合は違う.しかし、AEDなど一般の人が使うことを「医療」とするならば話は変わってくると思う
1-13)医学に基づいた実際の現場で役に立つ技術の要素が多い
1-14)医療は資格がいりますが,医学は資格はいりません
1-15)様々な分野で得た知識を結集させ、病気を治すためにより大きな力としたものをチーム医療というのでは



第2回人間の生命

QOL、倫理、死への対応について(第1章C,第10章B)

生体・・・自発的な働きをする
言い換えると観察者の思い通りの動きをしない
生理学・・・生物の生命現象の解明
「人間の死」(P13)

死によって生であったことが明らかになる
例えば野球選手を引退するには野球選手であることが必須
故に自発的な動きが観察できなくなると死亡説が流れたりする
【都市伝説】死亡説が流れた芸能人 (NAVERまとめ)
http://matome.naver.jp/odai/2137811109237515001

倫理

倫理と道徳の違いは?
以前、深夜のテレビで見た映画でそんなフレーズから始まる映画見たけど・・・
倫理=実践道徳で外的な要因により変化するもの(私の解釈)
<参考>
Q.道徳と倫理の違いは何ですか?(まさおさまの 何でも倫理学)
http://blog.goo.ne.jp/masaoonohara/e/3b64566428d683bbea6d895c4abaf2bf
倫理とはなにか(日本看護協会)
https://www.nurse.or.jp/nursing/practice/rinri/text/basic/what_is/index.html

医の倫理

WMA医の倫理マニュアル(日本医師会)
https://www.med.or.jp/doctor/member/000320.html
共感、能力、自律

生命倫理

医療提供側が考えなくてはならない倫理
どこまで他者の人生に介入することが許されるのか
技術の進歩、文化背景などなど

倫理原則

Principles of Biomedical Ethics(googlebooks)
https://books.google.co.jp/books?id=_14H7MOw1o4C
臨床倫理:臨床現場における倫理的検討方法(日本耳鼻咽喉科学会会報 Vol. 120 (2017) No.4 p.456-457)←配布
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jibiinkoka/120/4/120_456/_article/-char/ja/
自律尊重原則
善行原則
無危害原則
正義・公正原則

精神科看護ガイドライン2011 および 精神科看護者のための倫理事例集2011(一般社団法人日本精神科看護協会)
http://www.jpna.jp/sponsors/pdf/nurse-case-2011.pdf
委員会事業 政策・業務委員会(一般社団法人日本精神科看護協会)
http://www.jpna.jp/sponsors/committee-policy.html
連載:技術者倫理入門(新技術開発センターテクノビジョンダイジェスト)
http://pe.techno-con.co.jp/technovision/series/back9_1304d.html

QOL

質の話⇔量の話
長く生きていれば(指標:年齢)=当人にとって幸せなのかはよくわからない
<参考>
短命県体験ツアー〜青森県がお前をKILL〜実施!(青森県庁)
http://www.pref.aomori.lg.jp/release/2015/55081.html
不健康でも魅惑的「青森県がお前をKILL」ツアーに行ってみた(女性自身)
http://jisin.jp/serial/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/%E4%BB%8A%E9%80%B1%E3%81%AE%E7%94%BA%E3%83%8D%E3%82%BF/23207

本日のお題

現在そして未来の自身のQOLの向上にはどのような事が必要か

授業後補足

お題に対する皆さんのご意見まとめ

2-1)自然環境を大切にしていくこと
2-2)生きる意味とは何かを考えること
2-3)クラスのみんなと仲良くしているのでQOLは良い.彼女が居れば現在の僕のQOLは最高
2-4)やはり、健康.健康には自分自身や周りで支えてくれる家族や友人が必要.温かい愛を持った人が必要
2-5)好きなことをする.自身が考えるQOLは変わってくるので合ったQOLを自身で探し、見つける必要がある
2-6)ストレスを感じないような生活.テレビを見たり、ラジオを聴いたり時間を気にせずに寝る
2-7)自分が将来どのような自分になっていたいかという理想を考えてそれに向かって努力する事.自身のQOLの向上に必要な事は自分の今の人生に満足しているかを考える事
2-8)規則正しい生活が必要.仕事をして賃金を得ること、三食の食事をとり、適度な運動をすること
2-9)自分の好きなことをたくさんすればいい.
2-10)幅広い知識とそれを活用する柔軟な思考力そして運
2-11)人に大切にされて、自分も人のことを大切にすること
2-12)自分が自分らしく生きられる.私は、自分の好きな趣味、好きなことに没頭する、好きなことで生きていく.刺激のない日常は生きていると感じない
2-13)普通の日常生活を送りながら自分の趣味をちゃんと出来ること.ゲーム無しでは駄目みたいな状態.、仕事の給料を貰い、自分の趣味にお金を使えたらいいな
2-14)趣味など自分の興味のあることをする.もし、興味のあることなどがなかったら、本当に人生が面白くない
2-15)目標などを作ることが必要.目標がなくなると、何のために生きているのかわからなくなるから
2-16)知識、経験
2-18)事故や事件に巻き込まれることなく暮らせるという普通が一番。生活の質は今で満足しているので現状維持が大切だと思いました。あとお金も大事
2-19)人生は何よりもお金が必要で、地獄の沙汰も金次第.

第3回健康と病気

病気の定義と分類について(第1章D,第3章1〜5)
配布資料無し

病気と人間

メーヌ=ド=ビラン

・健康はわれわれを外へ連れていく
・病気はわれわれをうちに連れ戻す
行ったり来たりすることで人生を深く考えることができる
→(エピソード)病気になったことで「良かったこと」を聞いた話

最も豊かなヒューマニズムの世界との付き合い方が必要な時代(溺れないように)
→死の悲しみとの付き合い方が必要なこれからの保健医療(受け入れどのように昇華させるのか)

健康とは

健康生活の実践が必要
第一回の授業参照
健康教育の目的≠病気に関する知識獲得
→行動の変容によりあるべき健康生活の実践と習慣化

病気の理解と分類

病気の定義

ICD(国際疾病,傷害および死因統計分類) P170-171参照
国際的に病名を共通のコードで取り扱う。→世界規模で状況把握
但し、時間の流れには勝てない
・病態の変化
・新たな疾病

標準病名マスター作業班(標準病名マスター作業班)
http://www.dis.h.u-tokyo.ac.jp/byomei/index.html
ICFイラストライブラリー 日本語版 (イラストのコピーライト 国際医療福祉大学 高橋泰先生)
http://www.icfillustration.com/icfil_jpn/top.html
WHO−FIC(WHO国際分類ファミリー)とICF(国際生活機能分類)(第一回社会保障審議会統計分科会生活機能分類専門委員会参考資料2)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002ksqi-att/2r9852000002ksxp.pdf

急性疾患と慢性疾患

急性疾患・・・完全な治癒が期待される
慢性疾患・・・完全な治癒が期待しにくい(現時点で・・・将来は)

病気と心のはたらき

神経症と心身症の違いなど

医学の体系

基礎医学と臨床医学

専門医制度の話

欧米諸国に見られていた専門医制度が1967年以降導入

2018年度に新制度へ・・・
日本専門医機構
http://www.japan-senmon-i.jp/

授業後補足


第4回現代医学

医学の体系,医療技術,EBMについて(第2章5)
<配布資料>
倉持武,1968年 札幌 ドナー,松本歯科大学紀要28,1999
https://mdu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1466&item_no=1&page_id=13&block_id=17
P1-P6まで印刷して配布


現代医学の特色

近代自然科学の発達によるところが大きい
表2 20世紀以降の医学に関して主要な部分は覚えること

治療医学の展開

化学療法・・・なんらかの化学物質が病原体に奏功するのでは
臓器療法・・・臓器または抽出物を用いた治療
臓器移植・・・倫理的な葛藤(日本では1968年に初めて実施された)
<参考資料>
作家・渡辺淳一を誕生させた「和田移植」(本の話WEB)
http://hon.bunshun.jp/articles/-/3973
脳死の話・・・P160「死の判定」参照
<配布資料>
倉持武,1968年 札幌 ドナー,松本歯科大学紀要28,1999
https://mdu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1466&item_no=1&page_id=13&block_id=17
P1-P6まで印刷して配布

栄養学・食事療法・・・壊血病・・・ビタミンCの欠乏
<参考>
【恐ろしや!】超悲惨な大航海時代の食事と雑学あれこれランキング! (ランキングシェア)
https://www.rankingshare.jp/rank/xscbkvkcie

予防医学の展開

生ワクチン(毒性を弱めた)⇔不活化ワクチン(毒性を無くした)

MEの発展と検査・診断学の展開

検査を目的としたものが治療へ(IVR)

超音波

音の反射とその時間を用いて画像を作る
超な音波と言うのは、周波数が人間の可聴域を超えてるから
人間の可聴域・・・20Hz〜20kHz

CT

CTスキャニングの話・・・データを推測する
joho20160722-22.png(202000 byte)
データを「わかりやすく」と「わかりにくく」と −医療分野の情報化− より)

MRI

共鳴現象を利用・・・音叉
磁場を発生させるというところがCTと違う(逆に放射線は利用しない)
失敗百選 〜MRIにボンベが引き込まれて男児に衝突〜
http://www.sydrose.com/case100/257/

リハビリテーション医学の展開

完全に治すことを目的とするのではなく、ある程度の病気や障害があってもそれを上手に使いこなす

臨床医学とEBM

根拠に基づくというが、根拠をベースに考えることが必要で単に根拠を理由にそのまま適用するわけではない

本日のお題

科学の発展は様々な事柄について,丁寧に考えなくては解決しない状況を作り出しました.
今更過去には戻れません.現状を土台に新たな世界を作らなくてはなりません.
例えば,臓器移植に関する話は複数の方の命に関わる事柄を丁寧に考えなくてはならない.
客観的に捉えると命の大切さはだれしも変わらないと考えていますが,主観的に捉えて変わらないとは言い切れないように思います.
さて,主観により命の大切さが人により異なるとするとしたとき,何によって変わると思いますか?
<参考>
中野幸子,改正臓器移植法を論題にしたディベート授業の試み―看護学生の倫理観の傾向を知る―,大阪信愛女学院短期大学紀要46号,2012
http://www.osaka-shinai.ac.jp/library/kiyo/46.html


授業後補足


お題に対する皆さんのご意見まとめ

社会(生活・活動していく上での仕組み)の一員として捉えた場合と,家族の一員としての違いについて考える機会になったように思います. 皆さんはその両方について想いを巡らすことのできるようになることで,患者さんのご家族に寄り添うこともできるのではないでしょうか. そのためには普段からご家族や身近な人と悔いることが無いように日常でのお付き合いを大切にしておくことなのだと思います.

さて,私も色々考えさせられる出来事がありましたが,幸いにもかなり早めから意識していたので,元気な時にはあれこれ,その後は状況にあわせて出来る限りのことをやり切ったという感覚でした.
もっとも当の本人がどう思っていたのかは推測するしかないのですが,世の中どころか自身の体すら自分の思った通りにならないことを痛感したのだろうと思っています. 私も同様で,例えば駆け付けるにも時間がかかったりするわけで思った通りにいきませんでした.こちらの状況もわかっていたことでしょうし,お互い様と思っていてくれたことでしょう.
ghsjtakedas20170708-09.png(361654 byte)
地域包括と医療の妙な関係−不足の観点からみる医療2.20− より)
●●ロスにならないよう納得して前に進むには必要不可欠なものと思っています。
お陰様で私は今日も健康に過ごせています.

<参考>
「母ロス」でうつを発症 解決する方法とは(AERAdot.)
https://dot.asahi.com/aera/2017070600067.html?page=1
母親が亡くなったときどうなる?あなたは“母ロス”という言葉を知っていますか?(ガジェット通信)
https://getnews.jp/archives/2044050

何により変わるか
4-1)「愛情」によって変わる
4-2)その人とどれだけ濃密な時間を過ごしたか
4-3)その人にどれだけの愛情を注ぎ、どれだけの愛情を注いでもらえたか
4-4)その命の持ち主が社会や世界を脅かす犯罪者だったらその命は本当に大切なのか
4-5)自分の人生で出会って大切にしたい人なら
4-6)自分にとって必要か必要でないか、だけだと思う
4-7)その人が自分にどう関わっていたか、医療従事者としての立場で考えるなら重体な人から助ける
4-8)医療の現場ではある程度の優先順位が決められている気がするが、命の異なりと言われれば難しい
4-9)社会や世界にかかる重要度で変わる
4-10)自分の知ってる人か知らない人か
4-11)命の価値は主観による他人の評価によって変わる
4-12)その人が居なくなることによって自分にどういう影響がでるか.自分からすれば自分の家族、親戚、知り合いが亡くなれば自分にとって損
変わる因子に関するところ
4-13)移植によって助かる家族の感情。この二つの角度から命について視ると、それぞれ違う
4-14)その人自身の教育環境や周りの人間であったり動物(ペット)などが影響してくる
4-15)主観を変化させる原因は、環境.置かれている/いた環境をいう。社会的、生活、家庭、職業的、教育などの環境も含まれる
4-16)有名人はテレビや新聞などで大きく報道されるが一般人は報道されることはない。その時点で同じ人間なのに違う
今後の心構え
4-17)患者さんや患者さんの家族に主観的に寄り添うことは難しいかもしれないが、苦しみは分かり合えると思うので、寄り添うことが大切
4-18)ただ生きているという人がいれば優先される命ではないだろう。生きているなら1番大切にされる命を目指せ

第5回保健医療提供体制

医療提供体制,医療圏,地域包括ケア,関連法規について(第9章,付章C)
<配布資料>
医療制度の国際比較(財務省財務総合政策研究所)
<資料>6か国対照表
http://www.mof.go.jp/pri/research/conference/zk087/zk087_shiryou.pdf


医療関係者と施設

医師数約30万人に対して看護師約140万人
病院数と病床数の話

医療レベルによる分類

一次医療

それほど難しくない(とされる)医療
慢性の生活習慣病・健康保持
お気軽な気分で質問されても、よくよく聞くと深刻な問題があるのと同じように、ある種複雑な部分を担う医療

二次医療

ある程度の専門性を有する医療を提供・・・一般総合病院のレベルと言われる
入院が前提の医療
各医療スタッフがチームで進めていく医療

三次医療

大学病院や特殊専門病院によって行われる医療 専門性が深まっていくので、それぞれの領域のスペシャリストだけでなく医療機器も高度に

x次医療OO

医療レベルと医療圏の話を整理すると
一次 二次 三次
医療圏 入院に関わる医療を提供する圏域(奈良県は5) 県単位が基本
救急医療 軽症患者(帰宅可能) 中等症患者(入院) 重症患者(集中治療室)

医療圏

ある圏域において施設毎に機能が違うので(当然だが)病院完結型→地域完結型の発想へ

周藤が考える地域(保健)医療学(2016)

1)集団(地域)内における健康問題に関する公正性の担保を、集団(地域)内外の資源を活用して実現するための学問領域
「地域完結型医療」というのは「病院完結型医療」に対するアンチテーゼとして打ち出されたたもので、地域(集団)の人々の健康問題の解決に必要なリソースは地域外にあってもかまわない

2)地域(集団)間の健康格差の縮小を目指すのは公衆衛生学と同じところではあるが、そのアプローチに公平性を求めていない
公衆衛生学・・・地域(集団)への公平な取り組みによる公正(健康格差の縮小)
地域(保健)医療学・・・他地域(集団)と公平ではないかもしれない現状を前提とした取り組みによる公正(健康格差の縮小)

jhim43-04.png(355208 byte)
jhim43-05.png(289833 byte)

jhim43-06.png(203431 byte)
(奈良県必要医師数実態調査に基づく医師数公開データの検証(第43回日本診療情報管理学会学術大会)より)

ERシステムFAQ(日本救急医学会)
http://www.jaam.jp/er/er/er_faq.html
医療計画(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/iryou_keikaku/
病院のしくみ(9)医療サービスの区域(都道府県の医療圏とは) (高齢者住宅仲介センタースタッフブログ)
http://en-count.com/archives/hospital9

保健医療体系

P146図34を見ると、医療と住民(社会生活)の領域の離れ具合が垣間見える
この構造をBの領域をコアにする格好で再構築すると良いように思う

保険制度

国によって異なる。日本は国民がなにかしらの保険に加入

「医療制度の国際比較」報告書について(財務総合政策研究所)
http://www.mof.go.jp/pri/research/conference/zk087.htm

救急医療

ウォークインの話・・・コンビニと勘違いする人もいる

わが国の医療上の問題

標榜科 医療法の規制
診療報酬制度
家庭医の再認識
少子高齢化

本日のお題

これから人口減少社会を迎え,日本の保健医療.特に地方は深刻な状況になるかもしれない.
どのような状況が想定されるか自分の考えを述べよ

授業後補足


第6回病気の原因

病気の内因,外因(第4章B)

なにかしらの事象が起こるにはなにかしら原因が必要
病因学・・・病気の原因を研究する学問領域
ただし、全ての原因がわかっているわけではない
根治的な治療⇔姑息的な治療

原因分類

主因と誘因

主因・・・特に重要なもの(直接原因・決定的要因))
誘因・・・副次的なもの(間接原因・遠因)
どれだけ誘因が集まっても主因がなければ発病しない

外因と内因

内因・・・体内の原因・・・病気の素因
1)年齢
<参考>
成人に達した川崎病について(日本成人先天性心疾患学会)
http://www.jsachd.org/faq/2012/04/post-137.html
2)性別
3)遺伝
4)先天異常
サリドマイドの抗がん作用について(銀座東京クリニック)
http://www.1ginzaclinic.com/thalido.html
5)体質
6)免疫とその以上
7)心因
外因・・・外部から身体に加わる原因
1・2)栄養物の過不足
世界糖尿病デー
http://www.wddj.jp/
3)物理的病因
物理的=機械的でもなく 熱とか光とか
一方では検査(P42)で用いたり治療(P111)で用いたり
<参考>
物理的因子(労災疾病等医学研究普及サイト)
http://www.research.johas.go.jp/22_inshi/index.html
4)化学的病因
外来毒と自家中毒の違い
5)寄生体による病因
いわゆる感染症

到達度確認

授業後補足